FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルト三国5日目(4) リガ旧市街Part1 ラトビア

☆バルト三国旅行☆ 2012年7月29日~8月6日
娘との二人旅。リトアニア好きの娘の希望でバルト三国へ行ってきました。
自分たちの行きたい所を選んで自由な旅をしたかったので航空券や宿泊などは自分で手配しました。7泊9日の旅です。

バルト三国: リトアニア ラトビア エストニア  
時差: 6時間

 <ラトビア> 
通貨: ラッツLats

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2012年8月2日
リガ旧市街編 Part1

ユーゲントシュティール建築群のある新市街からトラムで旧市街へ移動。
ラトビアの首都リガの旧市街をゆっくり歩いてみました。

自由記念碑 ラトビアの自由を象徴する記念碑
riga39.jpg

リーヴ広場 おしゃれなオープンカフェが並んでいます。
riga41.jpg

おみやげ屋さんがたくさん出店しています。
琥珀のアクセサリーやニット・布雑貨など。
riga40.jpg

リーヴ広場前のカリチュ通り
riga42.jpg

街のあちらこちらで民俗衣装の人たちが演奏しています♪
riga24.jpg

riga25.jpg

素敵な街並み
riga43.jpg

ドゥアマ広場
riga44.jpg

riga45.jpg

バルト最大の教会とされるリガ大聖堂 修復中(2012年8月現在)
riga34.jpg

riga23.jpg

リガ大聖堂内部
riga46.jpg

riga47.jpg

内部も一部修復中でしたが見学できました。
しかし、見どころのパイプオルガンが修復のためパイプが外されていて重厚な姿を見ることができませんでした。

riga48.jpg

中庭を囲む回廊へ続く扉
riga50.jpg

中庭
riga49.jpg

大聖堂を出て再び街歩き

「猫の家」 ユーゲントシュティール建築
riga52.jpg

屋根の上に猫
riga51.jpg

ブラックヘッド会館(未婚の外国商人が集った会館)
riga22.jpg

市庁舎広場 こちらにも民俗衣装の女性たち。写真撮影のモデルさんのようです。
riga56.jpg

市庁舎 
riga57.jpg

市庁舎広場から聖ペテロ教会方面
riga21.jpg

聖ペテロ教会 塔が展望台になっているので昇ってみました。
エレベーターで昇れます。
riga59.jpg

聖ペテロ教会の塔からの眺め

ダウガヴァ川
riga58.jpg

ドーム型の建物は中央市場で、もとはドイツのツェッペリン型飛行船の格納庫だった建物
riga26.jpg

手前が旧市街 右手にリガ大聖堂が見えます。
riga27.jpg

市庁舎が見えます。
riga55.jpg

聖ペテロ教会
riga53.jpg

こちらにはブレーメンの音楽隊の銅像があります。
これはリガの姉妹都市ブレーメンから贈呈されたものです。
riga54.jpg

今日はここまで。ホテルに戻ります。
翌日はリガ旧市街Part2です。

ランキングに参加しています♪

にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

バルト三国5日目(3)リガ・アールヌーヴォー美術館

☆バルト三国旅行☆ 2012年7月29日~8月6日
娘との二人旅。リトアニア好きの娘の希望でバルト三国へ行ってきました。
自分たちの行きたい所を選んで自由な旅をしたかったので航空券や宿泊などは自分で手配しました。7泊9日の旅です。

バルト三国: リトアニア ラトビア エストニア  
時差: 6時間

 <ラトビア> 
通貨: ラッツLats

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2012年8月2日
ラトビアのリガ・アールヌーヴォー美術館編

アルベルタ通り12の1階にあります。1903年K.ペークシェンスとラウベの共作の建物です。当時の生活が再現されていてユーゲントシュティール建築とインテリアが見学できます。

website: http://www.jugendstils.riga.lv

riga3.jpg

美術館入口
riga19.jpg

開館時間は10時~18時 月曜休館

rigamuseum-3.jpg

共同住宅のため暗証番号を入力する必要があります。
暗証番号はドアの窓ガラスの張り紙に書いてあるのでそれを入力して自分でドアを開けます。
rigamuseum-4.jpg

ドアから中へ入ると階段ホールがあります。
アールヌーヴォー芸術のらせん階段。
rigamuseum-6.jpg

らせん階段を下から見上げて見たところ。
riga8.jpg

1階のこちらの扉から入ります。
rigamuseum-8.jpg

ドアのプレート
rigamuseum-9.jpg

中へ入ると受付があり、当時の衣装を着た女性が出迎えてくれます。
受付で入場料を払います。
入場料 3.50ラッツ(5月1日~9月30日) 2.50ラッツ(10月1日~4月30日)

rigamuseum-10.jpg

ガイドの冊子 外側
rigamuseum-11.jpg
内側
rigamuseum-12.jpg

壁に貼ってある間取り図
rigamuseum-13.jpg

ホール 当時の衣装やアールヌーヴォーのインテリアが素晴らしい。
riga7.jpg

riga20.jpg

rigamuseum-16.jpg

ダイニングルーム
riga13.jpg

rigamuseum-18.jpg

riga6.jpg

rigamuseum-20.jpg

展示ホール
rigamuseum-21.jpg

rigamuseum-22.jpg

キッチン入口の廊下にあるフックとカギ
rigamuseum-23.jpg

キッチン
rigamuseum-24.jpg

食料品室の棚にはおしゃれな刺繍の飾り。
riga16.jpg

キッチンのカーテンの刺繍もとてもかわいい。
riga18.jpg

タイルのデザインも素敵です。
riga15.jpg

メイドルーム 
riga17.jpg

バスルーム
rigamuseum-30.jpg

最初のホールに戻りました。
rigamuseum-31.jpg

美術館はこれで終わりです。

このあと、美術館の正面にあるショップ「アールヌーヴォー・リガ」へ行きました。
リガのアールヌーヴォー芸術にちなんだ雑貨、アクセサリー、お菓子などのお土産物やガイドブック、ポストカードなどの品が揃っている素敵なお店です。
riga4.jpg

次回はリガの旧市街をご紹介します。


ランキングに参加しています♪

にほんブログ村

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

検索フォーム

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mari

Author:mari
二十の頃1年間ロンドンでホームステイをしたのが初めての海外でした。
家族は夫と娘2人。長い間子育て中心の生活でしたが子育てほぼ終了し再び旅に出たくなりました。2012年3月パリ・2012年夏バルト三国・2013年3月パリ・2013年夏リトアニアへ娘とともに旅に出ました。
ブログはこれらのパリ・バルト三国・リトアニアの旅日記です。

2015年には再びリトアニアへ。こちらの旅日記はリトアニア2013の後に書く予定です。
諸事情により更新が遅くなり古い情報となっています。何卒ご了承下さい。


*これまで行った国:イギリス(ロンドン)2回・フランス(パリ)3回・ベルギー(ブリュッセル)・アメリカ(ロサンゼンルス、ニューオリンズ、フロリダ、キーウエスト)・モルディブ・バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)・リトアニア3回

リトアニア雑貨

リトアニアのお土産の参考にしてください♪

リンク

最新記事

月別アーカイブ

ブログランキング

ランキング参加中です♪

旅行口コミサイト

トリップアドバイザーにお薦めブログとして認定されました
トリップアドバイザー
シャウレイ観光ホテル口コミ情報

目 次

リトアニアの旅 更新中!








目次にリンクしてます

カテゴリ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。